通貨オプション、為替デリバティブ、クーポンスワップ対策

■悩んでいませんか?
数年前に金融機関から購入した通貨オプション、為替デリバティブ、クーポンスワップなどの金融商品で、お困りではありませんか。これらの金融商品を購入した企業は漏れなく優良企業です。社長も優秀な社長ばかりです。こうした優良企業や優秀な社長の皆さまが痛み苦しんでいるままでは、日本はいつまでも元気になれません。
社長、もう独りで悩まないで下さい。一緒に頑張りましょう。
お問い合わせは、上記へお電話頂くか、こちらからお願い致します。

弊社の圧倒的な強み

経験豊かな専門家によるタッグチーム
ご契約が成立しますと、弁護士と連携するだけでなく中小企業診断士などの経営の専門家を含めた貴社専任チームにより、担当させて頂きます。全員、通貨オプション等の案件を5件以上、2年以上関わっております。

経営分析までをも踏まえた確実な根拠資料作成
弁護士は法的な論拠に基づいた資料を作成しますが、中小企業診断士はそれ以外の数値的な側面や定性的な側面、例えば経営上どれだけダメージを受けたのか、この商品は経営上必須だったのかなど、貴社の業務の流れを見極めながら検討を行います。

弊社の対策の手順

■ヒアリング
ご用意頂いた資料を元に、購入の経緯、これまでの損失額、今後の損失予定額などを計算致します。

■今後の方策コンサルティング
このまま契約をすべきなのか、解約など違う道を探るべきなのか、それとも事業再生が先なのか、弊社だけでなく、この問題に精通した弁護士、公認会計士、税理士などとともに、最適な出口を検討します。もちろん、金融機関との良好な関係の維持を念頭におきつつ進めます。

■実行支援
今後の方策を提案し、貴社の同意が取れましたら、弁護士を始めとする各専門家と連携しながら、今後の方策の実行を支援致します。

■クロージング
通貨オプション問題は半年以上、長く時間がかかり、体力勝負の面もありますが、案件の終了まで、粘り強く支援して参ります。

メニュー

TOPICS